**Deux Sucre**
<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< Happy Halloween♪ | main | しずくと凪の普段ごはん >>
しずくとちょうちょ結び記念日 6th Anniversary
秋雨が降り、都心の桜の葉が紅葉する頃になると、小さなふわふわの宝物と
巡り会ったあの日を思い出します。

2008年11月8日。
大切な宝物…しずくを我が家へ迎えた記念日です。

寒がりの私。
しずくと出会う前は、秋になるといつも頬が冷たくて・・・・。

けれど、しずくと出会ってからは、ふわふわで、柔らかくて、愛らしい温もりがいつも頬に触れ
幸せで満たされるようになりました。


2319368.jpg
6年前は、お砂糖菓子のようにふわふわで、むちむちして、ころころしていたBabyしずく。

あれから、1日1日を大切に重ね、今ではかけがえのない人生のパートナーとなりました。

 
6年前。
11月初旬にしては、寒い日でした。
茨城のブリーダーさんのところから、しずくを連れて帰る道のこと。

私はあらかじめ、心に決めていた名前を呼びかけてみました。
けれど、膝の上に抱っこされているちっちゃな子は全く反応を示しませんでした。

夕陽の照らす、とある交差点に差し掛かった時、私の頭の中にふと、”しずく”という
言葉が浮かびました。


200812051558000.jpg

”しずくちゃん?”と、自然にふと言葉が口をついて出てきました。
すると”なぁに?”とでも言うように、初めて反応を示したあの瞬間のことを今でも忘れません。

ちっちゃくて、お鼻がつぶれてて、すっごく頑固で、耳がなかなか立たなくて
甘えんぼさんだけれど、手がかからなくて。





お散歩がイヤイヤだけれど、走るのがダイスキで。
しっかりしているようだけれど、意外と天然で。


2319366.jpg


そんな、大切なしずくと6年生きてきたんだなぁと思うと、感慨深いものがあります。

しずくと出会ったからこそ、今の”ゆりかご”があります。

しずくを迎え、弟の凪を迎え、大げさではなく人生観までが変わりました。
”夢を持ち、美しく健やかに生きる”ということがどんなに素晴らしいことなのか、
少しずつ分かり始めた気がします。
もちろん、夢の実現には多くの努力が必要だけれども・・・・

けれど、しずくと凪と、人生の”えにし”のちょうちょ結びができたことをきっかけとして
私は、かけがえのない人たちとの出会いに恵まれました。

その出会いに感謝をしながら、進む毎日です。

大切なことに気づかせてくれた、しずくとの出会いを私は”ちょうちょ結び”と名付けています。


そう。
記念日ですから、ケーキを焼きました。

20141109_151007.jpg

ウェディングケーキみたい♪
米粉のロールケーキです(小松菜の米粉スポンジと、ベリーのヨーグルトクリーム)

実はこれ、ゆりかごで、販売予定のクリスマスケーキでございます。
米粉でも、ふわっとなるように試行錯誤を重ねてきたものが完成いたしました。

栄養もあって、彩りもきれいで、飾り付けをするのも楽しくて。
人もワンコも幸せになれる食べ切りサイズのものをずっと作りたかったのです♪

(正式に近日中に、ブログでもHPでも発表をさせて頂きたいと思っておりますので
今しばらくお待ちくださいませ。)


しずくも凪も、私の作るごはんとおやつを食べて育ちました。
しずくと凪のカラダは、愛情で出来ている!と自信を持って言えます^^

2319372.jpg

ケーキが待ちきれなくて、ついついぺろりんとしてしまうしずくが愛しくてたまらない。

あれから6年が経ち、しずくの赤いコートも、白いものが目立つようになりました。
時の重みを感じながら、そして、時の重なりを共に生きていることに感謝しながら
これからも1日1日を大切に、しずくと凪の心と身体の声に耳を傾けながら歩んでいこうと思います。


しずく。愛ある日々と、夢を有難う。
これからもよろしくね♪

**************

ゆりかごホームページ
ちょうちょちょうちょ
http://www/yurikago.tokyo.jp/
よろしければご覧くださいませ♪

 
Related Posts with Thumbnails