**Deux Sucre**
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 新しいスタートは”ありがとう”から | main | しずくの成長 >>
ろんぱーすjourney
 
毎月19日は凪のツキタンです。
8月19日で、2歳9ヶ月になりました。

0050.JPG

日記の更新はしませんでしたが、先月もしずくと凪のツキタンだけは忘れずに
ささやかにお祝いをしたのでした。
 
凪に食事制限のかかっているため、お祝いの御膳やケーキなどはありません。
けれど、凪の大好きなりんごさんは食べてもOKということになっているので
りんごをすりすりしたものを、しずくと凪とママ、一緒に食べました。

さてさて、ロンパース探しに東奔西走していたママですが、お盆が明けて、ネットでお願いしていた
ものが続々と届きました。

まずは、”ミュッター”さんでお願いしていた天竺のパジャマ。

0044.JPG

色合いも優しく、肌触りも柔らかく通気性にとんでいます。

0042.JPG


ちなみに、ミュッターさんではしずくのオーガニックワンピースも購入しました。
夏の終わりによいかなぁと思って。

0046.JPG


そのほか、ポンポリースさんのもの、Louis Dogのもの、ecololoさんのものも・・・。

0045.JPG

どれも、品質・デザインともに素晴らしいのですが、ロンパースの難しいところ・・・・そうです。
サイズ選びが大変なのです。

たとえば、ecololoさんのガーゼウェア(右)は、少し大きめのほうが通気性がいいかなぁと思って
Mサイズにしたらばまるで時代劇のかみしものようになってしまうし
(ちなみにママはその状態のことを「松の廊下事件」と呼んでいます。)
*ecololoさんはSサイズ・Mサイズ両方送ってくださって、よい方をお選びください、とのご配慮を頂いたのです。
それにもかかわらず、ママの判断ミスですね。

Louis Dogのものは、やや小さかったり

ポンポリースさんのはちょっと大きめで、凪が固まってしまうし・・・紆余曲折の日々。
ママのお財布には厳しいけれど、やらずにする後悔より、やってから振り返ったほうがいい。
何事も糧となります。

0040.JPG


そんな中。今、凪とママのお気に入りは、kimilyさんのロンパースです(”ちゅらさん”で購入しました。)

0043.JPG

凪はお洋服が大の苦手なので、ときどきお洋服を着ていることを思い出しては、うねうねとダンスをするのですが
それでもおおむね一日中、心地よさそうにこのロンパースを着ています。

0041.JPG

せっかくよいものに巡りり合えたのだから、と思い、お色違いをもう一着オーダーしました。

最初からうまくなんて行かないもの。
試行錯誤を繰り返しながら、徐々に徐々にmy styleを確立していこうと思います。

******

そうそう。
先月のしぃとなぁのツキタンのお祝いに冷たいマット(Cool×Coolのオソロ)と

0039.JPG


アリスのうさぎのクールウェアと、PET PARADISEのセールで購入したワンピース。
今は、ほとんど外出もしないし、凪はオーガニックウェアがメインなのでこれらの出番はないけれど
いつかまた、姉弟あらため姉妹?のオソロが実現する日が来ますように。


page.jpg


*****

日々、凪のことに気持ちのバランスが傾いていることは、自分でも否めません。
だからこそ、余計にしずくの一歩ひいた健気さが可愛く感じます。

しずくって・・・凪が眠ったら、ものすごーく甘えるんです。
いつまでも眠たいのを我慢してでも、オモチャの「投げて&とっておいで」を繰り返したり、
ママのお膝の上に丸まってネンネしたり、いつまでもちゅー攻撃をしたり。

0049.JPG

凪とたった二ヶ月しか違わないのに、しずくは自分で分かっています。
「私はお姉ちゃん」なんだということを。
凪がぐずったりするときは、そばにいってはお顔をなめ、凪とママの顔を往復するように見つめることもしばしば。

鬼母かもしれませんが、「もっと素直になっていいんだよ、甘えんぼしていいんだよ。」とはママは思いません。

今現在、心に思い、しずくに声に出して伝えるのは、「しずく、本当にありがとう。ありがとう。」ということだけです。
しずくが自ら凪を慈しんでくれるのなら、ママはそのことを素直に感謝し受け止めます。
そして、そのしずくの愛情にたいして、ママがありったけの愛情でこたえたいと思っています。

実は、食事制限のかかっている凪にあわせて、しずくも一時カリカリを食べていました。
けれど、(賛否両論あると思いますが)ママの中ではそうではない・・・なんか違う。という気持ちが強くなりました。
姉弟を全て同じにそろえる、というのがOuiママ的愛情のカタチではない、ということに気付いたのです。

しずくに対して、ちゃんと向き合うことが大切だと思ったから、これまでどおり、しずくは手づくりのゴハンに
戻りました。

しずくにはしずくに対する愛情を。 凪には凪に対する愛情を。溢れるままにありったけ。
そう思う今です。

そう思えるようになったから、来月のしずくのお誕生日に向けて、準備する前向きな気持ちも出てきました。

まだまだいろいろな試みは途上。
けれど、そのときそのとき最善と思われることとやっていきたいと思います。

いつも励ましてくれるお友達に、今日も心から感謝しています。本当にありがとう。






Trackback URL
http://shizuku-nagi.jugem.jp/trackback/379
TRACKBACK
Related Posts with Thumbnails