**Deux Sucre**
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< まどろみの夏 〜しずく・1歳10ヶ月〜 | main | しずくと凪にプレゼント part2 >>
しずくと凪へプレゼント part 1


毎日なかよく暮らしているしずくと凪に、オヤジとママから”こども部屋”をプレゼントしました。

あたらしいお部屋.jpg

これまで、お留守番時は別々のケージでお昼寝していたけれど、お留守番以外のときは
ソファやクッションの上で、いつもくっついて眠っている姉と弟。
それならば敢えて離しておく必要はないだろう、としずくと凪が一緒に同じ空間で過ごせるお部屋に
チェンジすることにしたのです。

 

ここは、もともとママの仕事部屋。
こども部屋を設置するまでは、ダブルベッドを置いて、仕事終了後ベッドに潜り込み、
しずくと凪と眠っていました。

今回、こども部屋をつくるにあたって、まずはベッドとPCを他のお部屋に移動し、新しいエアコンを設置、
そして空気清浄機を追加で購入しました。

本棚なども全て他の部屋に移し、空間全てがしずくと凪のためのものになるようにしました。
それは、さながらOui家の中での小さなお引越しのようでした。


もう慣れたよ.jpg

実は、このこども部屋を組み立てた日のこと。
完成した直後から、凪がガタガタと震え始めました。

赤ちゃんの頃から過ごしてきた安全なシェルターであるケージが取り払われ、なんだか得体の知れない
大きなものが突然現れて、さぞ怖かったのでしょう。

ママは、「この場所は安全な場所なんだよ、守られた場所なんだよ。」ということを、こどもたちに
肌で感じて欲しかったので、この中に小さなお昼寝マットとブランケットを持ち込んで幾晩か一緒に眠りました。
(*寝返りのうてない姿勢で眠るのは身体に悪いので、決してマネなさらないでください。)

ママが大きな身体を横たえると、しずくはママの左腕に、凪はママの右腕に腕枕されて眠り始めました。
なので、その場所にしたがって、しずくと凪のベッドの位置を決めました。

今では、すっかり慣れて、ココロ落ち着く場所になっているようです。
おチビさんに邪魔されぬように、ゆっくりとおやつタイムを楽しむしずく。

おいちぃ.jpg

凪もお姉ちゃんに襲われたくないときは、お部屋にオヤツを持ち込んで味わっています。
でもね、そこはお姉ちゃんのベッドだよ!

むしゃむしゃ.jpg

(ちなみに凪がかぶりついているのはコチラ。最近、しずくと凪の中で大ヒットしているオヤツです。)

まだスペース的に余裕があるので、パーツを買い足して、お部屋を拡張してひろびろと過ごせる
ようにしてあげたいと、思っています。

そうそう、一緒に眠っている期間のこと。
早朝オヤジが出勤するときに、しずくと凪とママが小さな空間で眠りこけていたその風景を見て・・・。
笑いがこみあげてきて苦しかったそうです。
まったくオヤジってば何いってるのよ!愛よ、愛!!!全ては愛なの!

(最近、夜はリビングにお布団をえっさえっさと運んできて、家族みんなで好きな場所にゴロ寝してます。
夏の特権ですね♪)

でもね、ママは一緒に眠ってよく分かったことがあります。
しずくと凪の目線の高さから見える光景。背の高いモノ、上から降りてくるモノ・・・とっても威圧感があるんです。
というか、むしろ怖いのです。
頭では目線が違うことは分かっていても、体感してみないと分からない気持ちがあります。

きっと夏の暑さもそう。冬の寒さもそう。ほこりや雨なども・・・。
ママがこれまで思ってきた以上に、ちいさな身体にはこたえるはず。

これからは、全てのことにおいて、今まで以上に、しずく・凪目線というのを強く心がけていきたいなぁと
思った経験でした。

しずく、凪へ。
ママが外出するときは、これまで以上に姉弟で支え合って、くっつきあって待っていてね。
いつもありがとう。感謝してます



****************

☆お友達の皆様へ

コメント欄を再開させていただきました。
引き続き、お返事が遅れてしまうことがあるやもしれませんが、どうかご容赦くださいませ。



Trackback URL
http://shizuku-nagi.jugem.jp/trackback/241
TRACKBACK
Related Posts with Thumbnails